友達に車を売る

名義変更をしっかりとしないと大きなトラブルに発展する場合も 車を買取店に売るのではなく、友達に直接売ることでお互いにお得に車の売買ができるというメリットがあります。 お互いが納得できる価格で取引できますし、なによりも買取 […]

友達に車を売る

名義変更をしっかりとしないと大きなトラブルに発展する場合も

車を買取店に売るのではなく、友達に直接売ることでお互いにお得に車の売買ができるというメリットがあります。
お互いが納得できる価格で取引できますし、なによりも買取店、販売店へマージンを支払う必要がありませんので、双方が得をするのです。
とはいえ、しっかりと押さえるべき点を押さえておかないと大きなトラブルとなることもありますので注意が必要です。

特に単に車と書類を引き渡すだけでなく、名義変更を確実にすることが重要です。
もし、面倒だからと名義を自分のままにしておくと、万が一友だちが事故を起こしてしまった場合や、何らかの犯罪に使われてしまった場合、車のオーナーとして責任を問われる必要があります。
いくら実質的な所有者が友だちだと言っても、書類上は自分がオーナーになっていると、面倒なことが起こってしまう可能性があるのです。

名義変更に必要な書類とは?

車の引き渡しを行うと同時に、必要書類を揃えてすぐに名義変更をするようにしましょう。
そのための書類としては、まず自分の方で用意するものが多くあります。

車検証、国交省からダウンロードできる譲渡証明書、委任状、実印、印鑑証明書といったところです。
その他に、友達が用意するものとしては、委任状、実印や印鑑証明書、車庫証明となります。
委任状に関しては、どちらが手続きを行うかによって異なり、一緒に行って申請をする場合は不要となります。

また、運輸支局で申請書、手数料納付書、自動車税申告書をもらうことができますので、事務所に行ってももらい、そこで記入することができます。
まずは書類を整えてから事務所に行って、一度で済ませられるようにしましょう。

役所に行けば楽に手続きができる

自動車の名義変更というと難しく聞こえますが、必要な書類がそろっていればかなり簡単にできます。
運輸支局に行って、窓口で説明を受けた後、手数料納付書などの書類を受け取りそこに記入し、手数料を納付します。
できあがった書類をもう一度窓口に提出すれば、あとは新しい車検証を交付してもらうだけです。

その後、自動車税に関しては自動車税事務所に行く必要がありますので、申請書を持って役所を移動して提出します。
税金を納めて証明書をもらえばそれですべてが終了となります。
ポイントを押さえておけば、かなり簡単で半日程度で終わるものですので、チャレンジしてみましょう。

こうした手続きは行政書士などに依頼して、すべてやってもらうこともできますが、一日程度の時間があれば自分でもできます。
コストを少しで減らすためにも、友達と一緒に名義変更の手続きをすぐに済ませてしまうようにしましょう。