廃車を売る方法

廃車でも売れるということを覚えておく 走行距離が相当になってしまった車、事故などをして動くものの修理費用が高くついてしまう車などは、どこも買い取ってくれず廃車にするしかなくなります。 中には廃車にするにはお金がかかると思 […]

廃車を売る方法

廃車でも売れるということを覚えておく

走行距離が相当になってしまった車、事故などをして動くものの修理費用が高くついてしまう車などは、どこも買い取ってくれず廃車にするしかなくなります。
中には廃車にするにはお金がかかると思っている人もいますが、実のところ誰も買い取ってくれない車であっても、廃車として売ることができるのです。

廃車が売れる理由としては、まずその車からパーツを取り出して、そのパーツを売ることができるからです。
また、パーツが売れないとしても、自動車は鉄を始めとする原料で出ていますので、回収して原料を売ることができるのです。
そのため、どんな車であっても実質廃車の状態でも売ることができると考えることができます。

普通に自分で廃車手続きをしたらかかる費用とは?

廃車をするにはいくつかの方法があり、ディーラーに依頼する、販売店に引き取ってもらう、廃車買取店に依頼するというものがあります。
このうち、ディーラーや販売店での引き取りは避けた方が良いでしょう。
というのも、こうしたお店では廃車引き取り費用として料金がかかることになり、他でやればお金が入ってくるのに、逆にお金を支払わないといけなくなるからです。

もし、自分で廃車手続きをするとしても、ほとんど費用はかかりません。
廃車手続きに必要な書類はたくさんありますが、どれも100円程度ですし、手続きの諸費用も微々たるものです。
納付しなければならない手数料としては最大で350円となっていますので、全部含めても500円以下でできます。

通常は自賠責保険や税金の還付などがありますのが、こちらから支払う以上に還付金があり、お金が戻ってくるということになります。
そのため、どのようにしてもこちらからお金を払って廃車をする理由などないのです。

できるだけ高値で廃車を売るためには?

上記のように、ディーラーや販売店で廃車を引き取ってもらうと逆にお金を取られることが多いですが、廃車を専門とする、もしくは廃車を取り扱っている買取点に依頼すれば高く売れます。
しっかりとしたところであれば、車の引き取り代、自賠責保険や税金の還付金などを項目別に計算してくれて、買取金額の見積もりを細かく出してくれます。
それを参考にして、いくつかの買取店で見積もりを出してもらうと良いでしょう。

パーツ取りをしているところでは、モデルなどによって買取価格を上乗せしてくれることもありますので、複数の買取店で見積もりを出すのがベストです。
その上で、信頼できるところ、より高く買い取ってくれるところを見つけて選ぶようにしましょう。
意外と数万円程度の見積額の差が出るものですので、ちょっと手間に思えても複数のお店で確認した方がいいでしょう。