オークション代行業者に依頼する

オークション代行とはどんな売り方? 中古車は全国でオークションにかけて売買されています。 それは、普通の中古車買取店に車を持ち込んで売却しても一緒です。 買取店は買い取った車をオークション会場に持ち込んで売りに出し、中古 […]

オークション代行業者に依頼する

オークション代行とはどんな売り方?

中古車は全国でオークションにかけて売買されています。
それは、普通の中古車買取店に車を持ち込んで売却しても一緒です。
買取店は買い取った車をオークション会場に持ち込んで売りに出し、中古車販売店がそれを購入するという流れになっています。

そのため、車のオーナーが直接オークション代行業者に依頼して自分の車を売ってもらうことには大きなメリットがあります。
オークション代行業者に払う手数料は当然発生しますが、その手数料は中古車買取店に支払う手数料よりも随分少なくなるからです。
また、オークションではある程度自分の希望の値段に設定する、もしくは競りを待つことができますので、希望に近い価格で売れることになるというメリットもあります。

オークションで実際に売れるまでに時間がかかるという点はありますが、より高値で売れるケースが多いので、時間がありより高く売りたいという人に向いていると言えるでしょう。
また、オークション代行業者はその道のプロとして、しっかりとした値付けをしてくれますので、確実に売れるというのも利点です。

どのくらいの手数料がかかるものなのか?

オークション代行で中古車を売る場合には、あらかじめオークション代行業者にどのくらいの手数料がかかるのかを聞いておくと良いでしょう。
車種やモデルなどによりますが、だいたい一台当たり5万円から10万円程度の手数料でオークション代行をしてくれます。
その他に、オークションそのものの手数料や登録変更のための手数料として数万円程度かかることになります。

実際にはこうした手数料は、車が売れた代金から相殺されて差し引かれることになりますので、自分から持ち出しで支払うということはありません。
売買が終了した時点で決算がなされますので、お金の心配をせずに売れるのもうれしいところです。
ただし、一般の車買取店よりも代金の受け取りが遅くなることもありますので覚えておきましょう。

人気車種なら高く売れる可能性が高い

オークションはマーケットそのものですので、人気があるものは高く売れる傾向がはっきりしています。
中古車買取店よりも、人気車種についてはかなり高くなることもありますので、まずはオークション代行業者に相場を聞いて考えると良いでしょう。

人気車種としては、トヨタのランクルやプリウス、ダイハツのムーブ、ホンダのクロスロードなどがあります。
プリウスなどはグレードにもよりますが150万円程度の相場で取引されていることが多く、価格が安定しているので売りやすい車となっています。
すぐに価格が決まって売りに出すのが楽なので、オークション代行業者としてもこうした人気車種の代行を歓迎しています。