リスク細分型の仕組み

リスク細分型の自動車保険とはどういうものなのか? 今ではほとんどの保険会社は、リスク細分型の自動車保険を開発し提供しています。 これは、それぞれのドライバーごとにどれほどのリスクがあるかを診断して、リスクが高い人ほど保険 […]

リスク細分型の仕組み

リスク細分型の自動車保険とはどういうものなのか?

今ではほとんどの保険会社は、リスク細分型の自動車保険を開発し提供しています。
これは、それぞれのドライバーごとにどれほどのリスクがあるかを診断して、リスクが高い人ほど保険料を高くして、リスクが低ければその分保険料を下げるというフレキシブルな内容を持つという仕組みです。

そのリスク判定にはいくつかの要因があります。
たとえば、年齢が若い人ほどリスクが高くなる、運転歴が長い人ほどリスクは軽減されるなどです。
また、事業用途で車に乗るのか、それとも通勤・レジャーなのか、レジャーのみなのかなども関係してきます。

車の車種や安全設備がどれだけ着いているのかという点も、リスクを判定する要因としてなります。
他にも、地域や年間走行距離というのも大事な要素となっています。
一年間で運転する距離が長ければ長いほど、事故に遭う可能性は高くなりますので、その分リスクが高いと見なされるようになるのです。

リスク細分型自動車保険を利用するメリットとは?

リスク細分型保険では、細かくそれぞれの契約者の状況を分析して、それに基づいてリスクを判定します。
そのため、上記のようなリスク判定に用いられる項目で、リスクが低いと判定されるようであれば、保険料が割引になりお得に保険を利用できるようになります。
たとえば、自動車は通勤目的では使わず、レジャーでしか使わないという場合には、より安くなります。

さらに、年間走行距離がそれほどではなく、たまにしか乗らないというケースでも保険料が引き下げられる可能性が高いと言えるでしょう。
こうした点を考慮して、自分の場合はリスクが低いと判定され、保険料が安くなると思うのであれば、積極的にリスク細分型の自動車保険を申し込んだ方が良いということになります。
もちろん、単に保険料を安くしたいからという理由で、年間走行距離を低く申告したり、通勤にも使っているのにレジャーでしか使わないという虚偽の申告は決してしないようにしましょう。

リスク細分型がデメリットとなるケース

このように、リスクが低いと判断される場合は保険料が安くなるというメリットがありますが、逆にリスクが高いと見なされると保険料が高くなるケースもあります。
特に、営業用に車を使うことがある、通勤目的で車を使うというケースがそれに当たります。
また、一般的な人よりも年間走行距離が長く、たくさん車を使うという人も保険料が割高になってしまうことになります。

特にリスク細分型の自動車保険では、年間走行距離を重視して質問されることが多くなっていますので、よく車を使う人にとってはデメリットが大きくなると言えるでしょう。
その分、細かく補償内容の見直しなどを行って、お得に保険を利用できるようにしましょう。