損をしない保険の見直し時期

見直しをするなら満期日前にすることが大事 クルマの保険はそれぞれの保険会社が独自のサービスを行っていますし、契約者自身の状況も年ごとに変わってきますので、定期的に見直しをする必要があります。 その上で、不必要な保険内容を […]

損をしない保険の見直し時期

見直しをするなら満期日前にすることが大事

クルマの保険はそれぞれの保険会社が独自のサービスを行っていますし、契約者自身の状況も年ごとに変わってきますので、定期的に見直しをする必要があります。
その上で、不必要な保険内容をカットしたり、特約をつけたりすることで、安心感はそのままでよりお得に保険を使えるようになります。

保険の見直しをする時は、今まで入っていた保険の満期が来てから慌ててするのではなく、満期前に余裕を持ってするのがベストです。
というのも、まずしっかりと複数の保険会社の商品を比べることによって、確実な補償がありつつもお得な保険を見つけるための余裕を持てるからです。
保険内容は素人にはちょっと複雑なこともありますので、ある程度時間を取って調査する必要があります。

また、満期日前に解約、入り直しをすることによって、保険の重複がなくなり、以前の保険からは解約返戻金をもらえることになります。
異なる保険会社でもきちんとタイミングを見計らうことによって、ノンフリート等級の引継ぎができてお得に保険を続けられますので、二重に保険に入ることなく最もお得に保険の見直しができるのです。

保険会社を変えるのであればタイミングを確実に合わせる

新車購入、運転する人が変わる、通勤目的で乗らなくなったなったなどの見直しのタイミングがあります。
その際、いろいろな保険会社を比較した結果、他社に乗り換えた方が良いという結論に至るかもしれません。
その際には、切り替えのタイミングをきちんと考える必要があります。

まず、保険の空白期間を作らないということです。
以前の保険が切れてから新しい保険のことを調べて新たに入るとなると、どうしても保険に入っていない空白期間が生じます。
もちろん、その間に全く車を運転しないというのであればリスクはありませんが、無保険の状態で車を運転して万が一のことがあったら、たかが数日のために後悔してもしきれない事態になってしまいます。

そして、保険会社を変える場合は、以前の保険会社をやめてから7日以内に新しく入らないとノンフリート等級が引き継げないことになっています。
もしくは、中断証明書というものを発行してもらう必要があります。
お得に保険を使えるノンフリート等級制度を活用するためにも、しっかりと保険の見直し、切り替えのタイミングを考えるようにしましょう。

保険の見直しポイント

保険をお得にするためには、車両保険をなくす、免責金額を上げるなどして負担額を減らすことができます。
また、夫婦しか運転しないというのであれば、運転者範囲を限定すると、かなり保険料が減ることもあります。
そして、対人賠償に歩行などのシーンでの補償をなくす、搭乗中のみ補償特約を付けることでも、保険料を安くすることができます。

自動車保険については以下のような比較サイトが多数あり、詳細や口コミといった情報が沢山掲載されていますので活用してみましょう。
おすすめ > 自動車保険を選ぶ前に口コミをチェック! – オリコン顧客満足度ランキング

このように自動車保険は、ずっと一定でいなければならないというわけではありません。
人によって車に乗る時間も車種も、状況も様々なのでタイミングを見てお得に自動車保険の見直しをしましょう。