無保険車傷害保険の加入メリット

無保険車との事故に遭ってしまうとかなり大変になることも 自動車での事故というのは、物損だけにしても人身がからむにしても、大きな事故になりやすく処理が大変になるものです。 たいていの場合は、双方が自賠責保険と任意保険に入っ […]

無保険車傷害保険の加入メリット

無保険車との事故に遭ってしまうとかなり大変になることも

自動車での事故というのは、物損だけにしても人身がからむにしても、大きな事故になりやすく処理が大変になるものです。
たいていの場合は、双方が自賠責保険と任意保険に入っていますので、保険会社が間に入って必要な手続きや損害賠償の支払いをしてくれます。
しかし、中には加入義務のない任意保険には入っていないという人がいます。

この状態のことを無保険といい、何らかの事故が起こった場合、必ず入っている自賠責保険だけで損害をカバーすることになります。
しかし、自賠責保険でカバーできる金額は少ないため、多くの場合本来賠償しなければならない金額まで払えず、きちんとした補償がなされないということになるのです。
もちろん、だからといって事故を起こした人が責任を逃れられるわけではないのですが、実質問題として補償金を支払えず、被害者が満足な対応を受けられないという事態になってしまうのです。

無保険車傷害保険に入ることによってリスクを減らす

そこで、万が一無保険の車との事故に遭ってしまった場合、そのカバーできない分の補償をするというのが無保険車傷害保険です。
相手方が任意保険に入っていない場合、入っていたとしてもその契約による補償額が低すぎて満足な補償ができないことが明らかな場合、この保険から保険金が出されるのです。

保険者やその家族であれば、直接契約の対象となっている車に乗っていなくても、無保険の車によって事故に遭った場合、保険金が下りるとなっています。
また、自分が歩行中に無保険の車にぶつけられたという時にも、保険が適用されることになっています。
かなり広い範囲で無保険の車との事故に関して保険が効くことになりますので、自分の身を守るという観点から入る人が増えています。

重度の後遺障害が残った場合などに適用された例

この無保険車傷害保険は、万が一のために備えるという点でとても有効です。
相手が任意保険に加入していても、中には人身傷害補償の限度額が低く設定されているケースがあります。

実際に、こうした内容の保険加入者が運転する車にぶつけられて、重度の後遺障害を負ってしまったという事例があります。
ある程度までは相手の任意保険で補償がなされるのですが、とうてい必要な補償額にまでは届かず、満足な保険金支払いができませんでした。
しかし、事故に遭った人が無保険車傷害保険に入っていたため、足りない分の額をこちらの保険から受け取ることができて、しっかりとした補償を受けられたという事例もあります。

無保険車との事故というのは、かなり厄介な事態になることも多いので、こうした備えは万が一の時に大いに役立ちます。