個人にはノンフリート等級制度

法人契約ではないクルマの保険がノンフリート保険 クルマの保険制度では、ノンフリート等級という言葉がよく使われます。 このノンフリートというのは、「フリートではない」タイプの保険ということになります。 フリートというのはク […]

個人にはノンフリート等級制度

法人契約ではないクルマの保険がノンフリート保険

クルマの保険制度では、ノンフリート等級という言葉がよく使われます。
このノンフリートというのは、「フリートではない」タイプの保険ということになります。
フリートというのはクルマの保険では、10台以上が対象となる法人向けの保険のことを指します。

つまり、ノンフリートというのは法人向けの保険ではなく、主に個人を対象とした保険であるということを意味するものとなっています。
そのため、普通の人が個人で契約する車の保険では、ほとんどの場合でノンフリートという言葉が使われています。

ノンフリート等級というのはどのようなシステム?

こうした個人向けのノンフリート保険では、ノンフリート等級というシステムを用いて保険料を算出しています。
このノンフリート等級とは、どのくらい安全に契約者が運転しているかということを示すグレードのようなものです。
ノンフリート等級は1等級から20等級まであって、数字が大きくなるにつれて運転の安全性が高い、つまり保険料が安くなるという仕組みになっています。

毎年保険の更新の際に、その年に保険を使うような事故はなかったかどうかをカウントして、もし事故がなにもなかったら自動的に毎年1等級プラスされていきます。
一方で、事故に遭ってしまうと一気に3等級マイナスになってしまうという形になっていきます。

そして、この等級を目安に基本となる保険料から、プラスマイナスがされてトータルでの保険料が決まってくるのです。
このプラスマイナスの割合は保険会社によって違いますが、だいたい一番安全性の高い20等級だと基本保険料の60パーセント超が割引となり、逆に一番安全性の低い1等級だと60パーセントちょっとの割り増しとなってしまいます。
それだけ、ノンフリート等級を上げていくことは、保険料に大きな違いをもたらすということになります。

ノンフリート等級制度を上手に活用する

このように、お得に自動車保険を使うためには、保険を使うような事故を起こさず、毎年ノンフリート等級をアップしていくことがとても重要です。
これは実際に免許を取ってからの年数ということではなく、保険会社を使い続けた年数によってカウントされるものとなります。
そのため、今まで親の車に乗っていて、初めて自分の車を買って自分名義で保険に入るとなると、低い等級からスタートすることになり高い保険料を支払わないといけません。

確かに最初は損をしているように思えますが、安全に乗り続けることによって、どんどん保険料が安くなるというメリットがあります。
一つの安全運転をするためのモチベーションともなると言えるでしょう。
そして、このノンフリート等級は車を変えて保険内容を変更しても、同じ等級が引き継がれますので、安全運転を続けている限りはお得な保険料設定となるというメリットもあります。