Category Archives: クルマを売る

一括査定をする時の注意

一括査定を申し込むことのメリットとは?

中古車の売却をする際には、できるだけ複数の買取店の査定を受ける方が安心です。
それによってある程度の相場というものを確認できて、自分の車がいくらになるのかというアイディアを持ちやすいからです。
また、複数の買取店と交渉をすることによって、買取価格の競争をさせることができて、自分に有利に交渉を進められることが多いからという理由もあります。

その点でとても便利なのがネットサイトで簡単にできる一括査定です。
自分の車や地域の情報を入れるだけで、すぐに複数の買取店に見積もりを依頼できます。
自分の足で店舗に行って査定をお願いするとなると、手間も時間もかかりますが、ネットの一括査定であれば数分で終わってしまうというメリットがあるのです。

また、大手の一括査定サイトであれば、登録してある買取店のチェックをきちんとしています。
悪質な業者が入り込まないように、何らかのトラブルがあった場合利用者からの通報が行くようになっていて、もしひどいようであれば一括査定サイトから外されてしまいます。
信頼できる業者を見つけやすいというのも、一括査定サイトを利用する一つのメリットと言えるでしょう。

一括査定のデメリットとは?

一方で、一括査定にもデメリットがあります。
たとえば、いくつもの会社に見積もり依頼を出すことになりますので、それらの会社からどんどん連絡が入ってくることがあります。
いちいちメールや通知を確認したり、連絡に対応したりするのが面倒に思えるという人もいるでしょう。
また、一括査定の中には自分の電話番号を入力しないといけないものもあり、その場合は買取店から電話がかかってくることもあり、その対応が大変ということもあります。

さらに、流通の多いモデルなどでは、複数の買取店に査定を依頼してもそれほど買取価格の差はなく、どこを選んでも変わりがないというケースも見られます。
相場を知るという意味では利用価値がありますが、価格を上げるための交渉がしづらいケースもあるということを覚えておくと良いでしょう。

簡単に利用できる一括査定

一括査定は非常に簡単な利用が売りとなっています。
一括査定サイトに行って、自分の車の年式やモデル、オプション装備品の有無などを入力し、売りたい地域などを入れるだけです。
自分の連絡先として、メールアドレスなどを登録しておけば、後日そのメールに買取店から査定額の見積もりが届きます。

必ず複数の買取店からの見積もりが来ますので、その中からより信頼できそうな店、より高く売ってくれる店を見つけて契約をするという流れになります。
一括査定サイトでの情報登録は、自分の住所氏名まで入力しないといけないものもあれば、地域のみの入力で済むものもあり、自分でどのサイトを利用するかを考えることができます。

オークション代行業者に依頼する

オークション代行とはどんな売り方?

中古車は全国でオークションにかけて売買されています。
それは、普通の中古車買取店に車を持ち込んで売却しても一緒です。
買取店は買い取った車をオークション会場に持ち込んで売りに出し、中古車販売店がそれを購入するという流れになっています。

そのため、車のオーナーが直接オークション代行業者に依頼して自分の車を売ってもらうことには大きなメリットがあります。
オークション代行業者に払う手数料は当然発生しますが、その手数料は中古車買取店に支払う手数料よりも随分少なくなるからです。
また、オークションではある程度自分の希望の値段に設定する、もしくは競りを待つことができますので、希望に近い価格で売れることになるというメリットもあります。

オークションで実際に売れるまでに時間がかかるという点はありますが、より高値で売れるケースが多いので、時間がありより高く売りたいという人に向いていると言えるでしょう。
また、オークション代行業者はその道のプロとして、しっかりとした値付けをしてくれますので、確実に売れるというのも利点です。

どのくらいの手数料がかかるものなのか?

オークション代行で中古車を売る場合には、あらかじめオークション代行業者にどのくらいの手数料がかかるのかを聞いておくと良いでしょう。
車種やモデルなどによりますが、だいたい一台当たり5万円から10万円程度の手数料でオークション代行をしてくれます。
その他に、オークションそのものの手数料や登録変更のための手数料として数万円程度かかることになります。

実際にはこうした手数料は、車が売れた代金から相殺されて差し引かれることになりますので、自分から持ち出しで支払うということはありません。
売買が終了した時点で決算がなされますので、お金の心配をせずに売れるのもうれしいところです。
ただし、一般の車買取店よりも代金の受け取りが遅くなることもありますので覚えておきましょう。

人気車種なら高く売れる可能性が高い

オークションはマーケットそのものですので、人気があるものは高く売れる傾向がはっきりしています。
中古車買取店よりも、人気車種についてはかなり高くなることもありますので、まずはオークション代行業者に相場を聞いて考えると良いでしょう。

人気車種としては、トヨタのランクルやプリウス、ダイハツのムーブ、ホンダのクロスロードなどがあります。
プリウスなどはグレードにもよりますが150万円程度の相場で取引されていることが多く、価格が安定しているので売りやすい車となっています。
すぐに価格が決まって売りに出すのが楽なので、オークション代行業者としてもこうした人気車種の代行を歓迎しています。

修復歴を隠して売った場合

瑕疵担保責任というものがあるということを理解する

中古車を売るというのは、一つの商取引となりますのが、売る側にも大きな責任があります。
特に瑕疵担保責任というものがあり、何らかの損傷やトラブルがあるのにそれを隠して売った場合は、それが後に判明した場合、契約を解除されたり損害を請求されたりすることになります。
物を売るということは、そのものについての売り手としての責任があるということを理解して、正直に自分の車についての説明を行うようにしましょう。

特に中古車の場合は、事故歴があるかどうか修復歴があるかどうかというのが大きなポイントとなります。
もし修復歴があるということになれば、かなりの減額となってしまいますので、できればそのことを隠して売りたいという心理が働くのも理解できます。
しかし、プロであれば判別することができますし、あとから分かると瑕疵担保責任を負って大きなトラブルになることもありますので、決して隠さないようにしましょう。

どこからが修復歴となるのか?

修復歴というと、車をぶつけて修理をしたらその時点で修復歴になるのではないかと考える人もいますが、実際にはそうではありません。
バンパーやボンネット、ドア部分のみの修理などはカウントに入らないことになっていて、当然ある程度の減額対象にはなりますが、それほど大きなものではありません。

一方で、事故などによってフレーム自体が曲がってしまい、それを直すために修理したということになると、修復歴が付きます。
つまり車の構造自体に影響を与えるような大きな事故をしたか、ということが論点となるのです。
フレームにまでダメージをもたらすような事故の場合は、いくら修理をしても何らかの影響が残っていることが多いので、小さな修理とは別に修復歴という形で明示しているのです。

鑑定士はチェックのプロなので隠しても無駄

パンパーなどの修理については、小さな修理ですので申告の必要はありませんが、修復歴は必ず申告しなければなりません。
また、いくら隠しても、中古車鑑定士は経験も積んだその道のエキスパートですので、いくらか隠してもバレてしまいます。
ちょっとしたフレームの傷や、エンジン部分の部品の交換状況、継ぎ目の溶接の様子などを見るとすぐに分かってしまうのです。

もし、疑いがあるものの自分では修復歴があるかどうか本当に分からないという時は、そのこともきちんと説明するようにしましょう。
鑑定士にチェックしてもらった上で、売買契約書に、後から修復歴があることが分かっても責任を問われないという条項を足してもらって契約をすることができます。
こうすれば後々のトラブルになることはありませんので、安心して車を売ることができます。

廃車を売る方法

廃車でも売れるということを覚えておく

走行距離が相当になってしまった車、事故などをして動くものの修理費用が高くついてしまう車などは、どこも買い取ってくれず廃車にするしかなくなります。
中には廃車にするにはお金がかかると思っている人もいますが、実のところ誰も買い取ってくれない車であっても、廃車として売ることができるのです。

廃車が売れる理由としては、まずその車からパーツを取り出して、そのパーツを売ることができるからです。
また、パーツが売れないとしても、自動車は鉄を始めとする原料で出ていますので、回収して原料を売ることができるのです。
そのため、どんな車であっても実質廃車の状態でも売ることができると考えることができます。

普通に自分で廃車手続きをしたらかかる費用とは?

廃車をするにはいくつかの方法があり、ディーラーに依頼する、販売店に引き取ってもらう、廃車買取店に依頼するというものがあります。
このうち、ディーラーや販売店での引き取りは避けた方が良いでしょう。
というのも、こうしたお店では廃車引き取り費用として料金がかかることになり、他でやればお金が入ってくるのに、逆にお金を支払わないといけなくなるからです。

もし、自分で廃車手続きをするとしても、ほとんど費用はかかりません。
廃車手続きに必要な書類はたくさんありますが、どれも100円程度ですし、手続きの諸費用も微々たるものです。
納付しなければならない手数料としては最大で350円となっていますので、全部含めても500円以下でできます。

通常は自賠責保険や税金の還付などがありますのが、こちらから支払う以上に還付金があり、お金が戻ってくるということになります。
そのため、どのようにしてもこちらからお金を払って廃車をする理由などないのです。

できるだけ高値で廃車を売るためには?

上記のように、ディーラーや販売店で廃車を引き取ってもらうと逆にお金を取られることが多いですが、廃車を専門とする、もしくは廃車を取り扱っている買取点に依頼すれば高く売れます。
しっかりとしたところであれば、車の引き取り代、自賠責保険や税金の還付金などを項目別に計算してくれて、買取金額の見積もりを細かく出してくれます。
それを参考にして、いくつかの買取店で見積もりを出してもらうと良いでしょう。

パーツ取りをしているところでは、モデルなどによって買取価格を上乗せしてくれることもありますので、複数の買取店で見積もりを出すのがベストです。
その上で、信頼できるところ、より高く買い取ってくれるところを見つけて選ぶようにしましょう。
意外と数万円程度の見積額の差が出るものですので、ちょっと手間に思えても複数のお店で確認した方がいいでしょう。

友達に車を売る

名義変更をしっかりとしないと大きなトラブルに発展する場合も

車を買取店に売るのではなく、友達に直接売ることでお互いにお得に車の売買ができるというメリットがあります。
お互いが納得できる価格で取引できますし、なによりも買取店、販売店へマージンを支払う必要がありませんので、双方が得をするのです。
とはいえ、しっかりと押さえるべき点を押さえておかないと大きなトラブルとなることもありますので注意が必要です。

特に単に車と書類を引き渡すだけでなく、名義変更を確実にすることが重要です。
もし、面倒だからと名義を自分のままにしておくと、万が一友だちが事故を起こしてしまった場合や、何らかの犯罪に使われてしまった場合、車のオーナーとして責任を問われる必要があります。
いくら実質的な所有者が友だちだと言っても、書類上は自分がオーナーになっていると、面倒なことが起こってしまう可能性があるのです。

名義変更に必要な書類とは?

車の引き渡しを行うと同時に、必要書類を揃えてすぐに名義変更をするようにしましょう。
そのための書類としては、まず自分の方で用意するものが多くあります。

車検証、国交省からダウンロードできる譲渡証明書、委任状、実印、印鑑証明書といったところです。
その他に、友達が用意するものとしては、委任状、実印や印鑑証明書、車庫証明となります。
委任状に関しては、どちらが手続きを行うかによって異なり、一緒に行って申請をする場合は不要となります。

また、運輸支局で申請書、手数料納付書、自動車税申告書をもらうことができますので、事務所に行ってももらい、そこで記入することができます。
まずは書類を整えてから事務所に行って、一度で済ませられるようにしましょう。

役所に行けば楽に手続きができる

自動車の名義変更というと難しく聞こえますが、必要な書類がそろっていればかなり簡単にできます。
運輸支局に行って、窓口で説明を受けた後、手数料納付書などの書類を受け取りそこに記入し、手数料を納付します。
できあがった書類をもう一度窓口に提出すれば、あとは新しい車検証を交付してもらうだけです。

その後、自動車税に関しては自動車税事務所に行く必要がありますので、申請書を持って役所を移動して提出します。
税金を納めて証明書をもらえばそれですべてが終了となります。
ポイントを押さえておけば、かなり簡単で半日程度で終わるものですので、チャレンジしてみましょう。

こうした手続きは行政書士などに依頼して、すべてやってもらうこともできますが、一日程度の時間があれば自分でもできます。
コストを少しで減らすためにも、友達と一緒に名義変更の手続きをすぐに済ませてしまうようにしましょう。