車の売却に必要な書類

自動車検査証 別名「車検証」とも呼ばれる自動車検査証。 この自動車が規定の保安基準を満たしている証拠にもなる書類となります。 基本的には自動車に常備している状態でもあるため、改めて用意する人は少ないと言えるでしょう。 も […]

車の売却に必要な書類

自動車検査証

別名「車検証」とも呼ばれる自動車検査証。
この自動車が規定の保安基準を満たしている証拠にもなる書類となります。
基本的には自動車に常備している状態でもあるため、改めて用意する人は少ないと言えるでしょう。

もし自動車検査証を紛失してしまっている場合には、買取前に再発行手続きが必要となります。
運輸支局へ連絡を行い、必要な手続きを行うようにしましょう。
自動車検査証が無い状態では、買取手続きも廃車手続きも行えないので注意が必要です。

実印・印鑑証明書

各書類に捺印するための実印も必要となります。
あらかじめ住民票のある市区町村で登録を行っておくようにしましょう。
実印がどの印鑑なのか分からない、という人は家族の人に確認しておくと間違いがありません。
悪用されないよう、必要時以外は重要な書類と別に保管しておく事が大切と言えるでしょう。

実印と一緒に必要となるのが印鑑証明書という書類です。
これは、使用印鑑が市区町村で登録されていることを証明する書類となります。
住民票同様、うっかり発行を忘れてしまった、という人も少なくないので注意が必要です。
自動車売却時には、役所から3ヶ月以内に発行されたものを持ち合わせるようにしましょう。

自賠責保険証

自動車購入時に加入する自賠責保険の証明書も、これらの書類と一緒に用意しておくようにしましょう。
基本的には強制保険として位置づけされているため、自賠責保険が無い状態では自動車の売却が行えません。
同様に保険期限が切れてしまっている場合も、買取店で断られてしまうので気をつけるようにしましょう。

自賠責保険証が車に無い場合には、あらかじめ保険会社に問い合わせておく必要があります。
再発行手続きを行ってもらう場合でも、郵送などである程度時間がかかります。
書類提出に間に合わなかった、なんて事がないように、普段からあらかじめ確認しておく事が大切と言えるでしょう。

自動車税納税証明書

毎年発生する自動車税に関し、しっかりと納税を行った事を証明する自動車税納税証明書の存在も忘れてはいけません。
自動車売却時だけではなく、車検を行う際にも必要となる書類となります。
普段から自動車を乗っている人ならば、納税をしていないといった凡ミスも少ないとは思われるものの、万が一支払っていないと大変な目にあうでしょう。

自動車税納税証明書を紛失してしまった場合には、自動車のタイプによって再発行場所が異なるので注意が必要です。
軽自動車を運転している人の場合、各役場での再発行が可能となっているため、休日などを使って早めに手続きを行いましょう。
普通車の場合には、各都道府県に設置された税事務所に訪れて、再発行手続きを依頼するようにしましょう。