車中泊を想定したクルマ選び

そもそも車中泊できる車とは? より快適に車中泊ができるクルマですと、用途がさらに広がります。 そういったクルマを選ぶのに重要となるのは、車中泊そのものが仕様となっているかどうかです。 車中泊できるタイプの車は、ミニバン、 […]

車中泊を想定したクルマ選び

そもそも車中泊できる車とは?

より快適に車中泊ができるクルマですと、用途がさらに広がります。
そういったクルマを選ぶのに重要となるのは、車中泊そのものが仕様となっているかどうかです。

車中泊できるタイプの車は、ミニバン、ワンボックス、ファミリーカー、キャンピングカーに分類されていることが多いです。
つまり、これ以外のタイプの車で車中泊できると案内された場合、車中泊「できるかも知れない」自動車を勧められていると思ったほうが良いでしょう。
この場合、後部座席を前に倒せるだけ、といった場合が多いようです。

近年では、車中泊できる自動車というのは、前に倒せるだけでなくしっかりとはめ込むことができるようになっています。
つまり、前に倒すとキレイな土台を作れる自動車が、車中泊そのものを仕様としている自動車なのです。

セダンといった車と比較してみるとわかりますが、車中泊できるかも知れない自動車では室内空間が広くありません。
天井も手が届くような位置にありますので、人によっては横になるだけでも大変でしょう。
気密性が高すぎるので熱気が逃げていかないということもあります。

車中泊を想定したクルマ選びでは、セダンといった横に長いタイプの自動車を購入するのではなく、なるべく新型で縦にも広い空間がある自動車を購入するようにします。
縦にも広い空間があるタイプの車は、天井にものを吊り下げておけるものが多いので、横のスペースにものを置かずに済むのです。
しかも、通気性、気密性が優れていますので、臭いや熱気などが充満することも少ないという魅力があります。

それと、ベッドなどに早変わりする機能も兼ね備えているのか見ておきましょう。
ベッドとして利用できるタイプは、ゴムなどの薄いクッションが敷かれているので、座席を前に倒すとそのまま寝れるようになっています。
寝ている時に背中が痛くなるということもありませんので、今では車中泊を想定したクルマ選びで重要なポイントとされています。

車中泊できる車は今では人気!?

車中泊を想定したクルマ選びというのは、近年になって良く知られるようになりました。
というのも、アウトドアブームのように自動車で遠くに出かける、そのまま車中泊するという人が増えてきたからです。

なぜ今になってこのようなブームが出来上がったのか?というと、それは自動車そのものの燃費が大きく改善したからです。
ハイブリッド車の軽自動車というのは珍しくありませんし、軽自動車と言っても馬力は昔の倍以上になっています。
しかも、静音性、通気性、室内空間に対する余裕も普通自動車並みの軽自動車が多いため、自動車の運転、車中泊でイライラすることも減りました。
そのため、遠出と車中泊をセットで考える人が増えたのです。