賢いクルマの選び方

どのように選ぶと賢いクルマの選び方になるのか? 賢いクルマの選び方ですが、以下のポイントを理解して購入したほうが良いでしょう。 賢いクルマの選び方その1ですが、なるべく事故歴のある自動車は購入しないほうが良いです。 とい […]

賢いクルマの選び方

どのように選ぶと賢いクルマの選び方になるのか?

賢いクルマの選び方ですが、以下のポイントを理解して購入したほうが良いでしょう。

賢いクルマの選び方その1ですが、なるべく事故歴のある自動車は購入しないほうが良いです。
というのも、事故歴があっても修復時に事故のある箇所を見えなくすることができるからです。

自動車というのは、フレームがゆがんでしまうと元の状態に戻りません。
業者は、フレームについても点検をしていると言うことが多く、このような問題は後になって大きな問題となりやすいため注意が必要です。
フレームがゆがんでしまうと、自動車が揺れやすくなってしまったり、いびつな音を発生させることも多いので注意してください。

賢いクルマの選び方その2ですが、なるべくワンオーナー車を購入したほうが良いです。
ワンオーナー車とは、自動車そのものがワンオーナーになっている車両のことです。

つまり、自分が購入する際は二人目のオーナーとして、自動車を所有することができるようになります。
ワンオーナー車でない車は、シートなどが傷んでいる、走行距離がかなり出ている、エキマニ、マフラーなどに多くの傷みが発生していることが多いため、あまりオススメできないのです。

このような自動車は、購入してからの修復だけで20万円前後もかかってしまうことがありますし、乗れば乗るほど問題点が浮上しやすいデメリットがあります。
なので、ワンオーナー車でそこそこ値段が張る自動車を見つけた場合、購入を前向きに検討してみることも大事です。

古い中古車は購入しないほうが良い?

古い中古車を購入しないことも賢いクルマの選び方につながります。
というのも、古い中古車の場合は税金がかなり高くついてしまうからです。

軽自動車の場合、通常であれば4000円~7000円の間であることが多いのですが、古い中古車の場合は12000円前後もかかってしまうのです。
なので、古い中古車で安売りされているものは、税金がらみで問題があるのでは?と疑っておきましょう。
他にも以下のような問題があるので、基本的に古い中古車を購入するという考えは保留にしておいたほうが賢明です。

古い中古車は、乗ってみると馬力がなく燃費が悪いということもあります。
そのため、スペック通りに走らないということが多いことを覚えておきましょう。
さらに、古い中古車は気密性が悪いので、嫌な臭いなどが溜まりやすくなっています。

自動車内でタバコを吸う、もしくは嫌な臭いがこもりやすい自動車に乗りたくない・・・という場合は、このような自動車を選ばないようにするのも、賢いクルマの選び方につながります。
それと、サビなどが目立ち見た目が良くない自動車も多いため、古い車ほど購入後に損をした気分になりやすいです。