車の購入にかかる費用

お店によって表記方法が違う 車両本体価格とは、店頭にて掲示された車両本体のお値段を指します。 店頭に並ぶプライス板には、○○.○万円や○○.○千円と、販売店によって表記方法が異なるので注意しましょう。 インターネットでの […]

車の購入にかかる費用

hiyo

お店によって表記方法が違う

車両本体価格とは、店頭にて掲示された車両本体のお値段を指します。
店頭に並ぶプライス板には、○○.○万円や○○.○千円と、販売店によって表記方法が異なるので注意しましょう。
インターネットでの購入時には、値段だけではなく単位の部分もはっきりと掲載されている事が多く、見間違えてしまう心配も少ないといえます。

車を購入する際、このお値段だけではなく、税金や諸経費といったものが別途必要となるため、あらかじめ計算をしておく事が大切です。
うっかり本体だけの値段だけを用意してしまい、購入手続きが行えなかった、なんて恥ずかしい思いをしないよう気をつけましょう。
具体的に総額でどれくらい掛かるのか分からない場合には、お店の人に聞いておくと間違いがありません。

自動車に関する税金

自動車に関する税金としては、自動車税や自動車重量税のほか、自動車取得税などが掛かります。
自動車税は、自分が乗る自動車の排気量によって自動車税が変わるため、大きな車を購入する時ほどお金がかさむと考えるとよいでしょう。
その反面軽自動車の場合、普通車よりもぐっとお安く済むので、初めて車を購入する新社会人の方などにオススメです。

同様に自動車の重さによって自動車重量税、自動車を購入すると時にかかる税金が自動車取得税となります。
どちらも車を購入する際には必ず納税しなければいけないものですので、自分が購入する車にはいくらかかるのかをあらかじめ計算しておきましょう。
販売店では一覧形式で、それぞれの納税額が掲載されている場合もあります。

諸経費

自動車を購入する際には、別途諸経費というものが加算されます。
その中でも必ず取得しなければいけないのが、諸経費の中心となる自賠責保険というものです。
この費用も自動車購入時の見積もりに含まれています。
実際にはこれに任意保険を追加し、万が一の事故時にも十分な補償を受けられるようにするのが一般的です。

そのほか、リサイクル料というものが加算されます。
これは車を廃車にする時以外にも、車検・新車購入時と支払う必要があるものです。
また販売店ごとに設けられた代行料(販売店諸費用)も加算されるので、見積額の内訳などもよくチェックしておくとよいでしょう。

オプション

オプションは主にメーカーオプション・販売店装着オプションの二種類があります。
メーカーオプションは自動車を作成しているメーカーで用意されているものなため、取り外しは不可能となっています。
販売店装着オプションはディーラーごとに用意されたもので、自由に取り外しや取り付けが可能です。
どちらも運転を快適にするものばかりですので、実際に取り付けた際に自分なりに利便性の感じるものを選んでみてはいかがでしょうか。