BMW(中古車)の選び方

カテゴリーでBMW(中古車)を選ぶ 基本的にBMWは、他の自動車メーカーと比較してカテゴリー分けがハッキリとしています。 ですから、そのカテゴリーに着目すると良いでしょう。 例えば、バランスの良い自動車を望んでいるのであ […]

BMW(中古車)の選び方

カテゴリーでBMW(中古車)を選ぶ

基本的にBMWは、他の自動車メーカーと比較してカテゴリー分けがハッキリとしています。
ですから、そのカテゴリーに着目すると良いでしょう。

例えば、バランスの良い自動車を望んでいるのであればModernというカテゴリーを選択しましょう。
こちらのカテゴリーは、国産車で言うところのノーマル車のような仕様です。
つまり、余計なパーツ、オプションを導入していないので、お値段を抑えることに成功しているタイプの自動車です。

中古輸入車を購入したことがないという人ほど、このようなタイプのほうが高級車により近い・・・と思ってしまうことがあります。
ですが、BMW(中古車)の選ぶ上で知っておくべきことは、Modernは通常の車両、そしてLuxuryは高級なオプションが搭載されている車両であることの2点です。

他にも、BMWにはSport(スポーツ)がありますが、こちらはスペックが他より高いだけなので無理に購入する必要はありません。
海外の車両というのは、スポーツタイプの自動車というだけで、かなり厳しいスペックの追求を行っています。

例えば、車高が低いために簡単にお腹(自動車の底に該当する部分)をすってしまうものも少なくありません。
それと、スペックが高いだけでなく自動車の走行音がうるさいものも多いです。
輸入車は排気量が日本の倍、もしくはマフラーサイズが日本のものより大きいものが多いので注意しましょう。

しかも、スポーツタイプは価格も高いです。
BMWは高級車なので、スポーツタイプの仕様によっては100万円以上も高くなってしまうことがあります。
ドライブにおいて使用するものではない場合は、このようなタイプを避けてBMW(中古車)を選ぶのが上手な選び方につながります。

古いBMW(中古車)がほしい場合

古いBMW(中古車)の選び方ですが、以下の注意点を理解して購入を検討したほうが良いでしょう。

まず、古いBMW(中古車)というのは傷みが激しいです。
なので、ボンネットを開けて中を確認することを嫌がっている、中古自動車販売業者を利用するのは避けたほうが良いでしょう。
ハーネスと言われている配線部分が錆びているケースもありますし、酷い場合にはセルを回してもアイドリングが安定しないこともあります。

錆により、エンジン周りのパーツに小さな穴が開いていると、このようなトラブルに見舞われることが多くなります。
BMWは高級車なので、マフラーから異音がするため取り替えるというだけでも、3万円~10万円もかかってしまうので注意しましょう。

数点も傷みがあるBMW(中古車)では、100万円近い修復料金がかかってしまうこともあります。