アウディ(中古車)の選び方

ディーラーから買った方がいいのか?それとも一般の中古車販売店? アウディは日本に輸入される自動車の中でも人気が高く、高級外車として取り扱われることも多い傾向にあります。 いろいろなモデルがありますので価格の幅もかなり広く […]

アウディ(中古車)の選び方

ディーラーから買った方がいいのか?それとも一般の中古車販売店?

アウディは日本に輸入される自動車の中でも人気が高く、高級外車として取り扱われることも多い傾向にあります。
いろいろなモデルがありますので価格の幅もかなり広くなっていますが、中古車でも200万円から300万円を超すものもあって、しっかりと予算を組んで購入する必要があるでしょう。

アウディの中古車を購入する場となるのは、主に二つあって、正規代理店であるディーラーか一般の中古車販売店となります。
どちらにもメリットがありますので、それぞれの違いを見て購入すると良いでしょう。

ディーラーでの購入は、状態が良くモデルも比較的新しいクルマが揃っているケースがほとんどで、修理保証も付いてきます。
その分、値段は高めに設定されていて、同じモデルでも一般の販売店より20万円から40万円ほど高いケースが見られるほどです。
一方で、一般の中古車販売店では、販売価格が抑えられているというメリットがある一方で、ディーラーほどの修理保証は付いておらず、状態をしっかりと自分で確かめて納得の上で買う必要があるという面もあります。

どちらにも一長一短がありますので、それぞれのお店で販売されている車を比較して決めるようにしましょう。

消耗品の修理は当然という覚悟が必要

アウディは全体的に品質が高く、ボディーもそれぞれのパーツもしっかりと作られているため、すぐに故障してしまうという心配はしなくても大丈夫です。
しかし、パッキンやチューブ系、電装系などの消耗品、故障が早く起きやすいところは、どうしても早いサイクルでメンテナンスが必要です。
そのため、中古車で購入する以上は、ある程度の費用をメンテナンスに賭けなければならないということを覚えておきましょう。

大きな部品となると調達するのが大変なこともある

消耗品のメンテナンスはディーラーなどで比較的簡単に行うことができますし、コストもそれほど高くなるわけではありません。
しかし、エンジンやトランスミッション系の不具合が生じたときは、パーツの調達に時間と費用がかかりますので、結構な負担となる事が考えられます。

輸入外車を中古の状態で購入するということは、こうしたリスクもあると念頭に置いて決定するようにしましょう。
ディーラーでの中古車購入の場合は、エンジンなどの大きなパーツの修理については保証が効くケースが多いので、単に車体価格だけでお得かどうかを考えるのではなく、長い目で見て決定するのが賢明です。
長く付き合っていくためには、メンテナンスや万が一の故障のことも考慮に入れて中古車を購入することが、長期的に考えるとお得になることもあるのです。