対人賠償保険

補償が大きい 対人賠償保険とは自動車事故によって、相手の人を怪我させてしまった場合に用いられる保険です。 対象者はドライバー以外にも、歩行車や自転車を運転中の方、さらにはバイクを運転する人など全てに適用されます。 万が一 […]

対人賠償保険

shorui3

補償が大きい

対人賠償保険とは自動車事故によって、相手の人を怪我させてしまった場合に用いられる保険です。
対象者はドライバー以外にも、歩行車や自転車を運転中の方、さらにはバイクを運転する人など全てに適用されます。
万が一相手が死亡してしまった場合にも、対人賠償保険によって手厚い補償を受ける事ができるメリットがあるのです。

交通事故を起こしてしまった場合、まずは自賠責保険から損害賠償額を支払います。
しかし、相手の怪我の具合や死亡してしまった場合などは、どうしても賄えきれないほどの大金となるのが一般的と言えるでしょう。
そこで使用されるのが対人賠償保険という存在です。
あらかじめ保険料を支払っておくだけで、万が一の時に役立ちます。

対人賠償保険の金額について

対人賠償保険の金額は、契約内容によって異なります。
これは、対人賠償保険金額を無制限としているのか数千万としているのか、この一つの内容だけでも死亡事故の際には非常に重要と言えるでしょう。
こちらのサイトでも対人賠償保険について詳しく掲載されています。
参考:http://kakaku.com/kuruma/hoken/knowledge/taijin.html

そのほか、被害者に対しての損害賠償額や、自賠責保険で支払う金額なども関係してきます。
加害者側の過失割合においても、どのような形で事故を起こしてしまったのかが重要となるので注意しましょう。
もしこちら側が一方的に悪い状態であれば、その分支払う金額も多くなるのは逃れられないと言えます。

補償の範囲について

対人賠償保険の対象者は身内ではなく他人となります。
つまり、万が一家族同士での交通事故が発生した場合。補償が受けられないので注意が必要です。
ちなみに家族として扱われるのは、運転手の父母や配偶者などが当てはまります。

そのほか、保険詐欺などを避けるため、保険を申し込んだ人(記名被保険者)も対象外となります。
同様に、記名被保険者の家族や親族、配偶者といった人物も被保険者となるので注意が必要です。
大きなお金が絡む問題でもあるため、日ごろから事故を起こさない心がけが大切と言えるでしょう。

どんな場合に適用されるのか

対人賠償保険を適用するケースとしては、運転中の不注意で他人を巻き込んだ事故を起こした場合です。
この際、自分が100%悪い状況であっても、保険料が適用されます。
しかし、相手が自分の子供であったり身内の場合には支払われないので気をつけましょう。

決して行ってはいけないこと、というのを前提に例を挙げると、飲酒運転での事故も対人賠償保険の対象内となります。
そのため、万が一被害者を死亡させてしまった場合でも、しっかりと罪を償えば損害賠償額分の保険金が支払われるので安心です。
もちろん、その前に飲酒をして運転をするといった判断だけは絶対に行ってはいけないと言えるでしょう。