対物賠償保険

想定しておく 対物賠償保険とは、交通事故によりガードレールや停車中の自動車などをぶつけてしまい、損傷を生んだ場合に支払うものです。 人が関係しているものとは異なり、他人や国・自治体における財産に損害を与えてしまった時に適 […]

対物賠償保険

想定しておく

対物賠償保険とは、交通事故によりガードレールや停車中の自動車などをぶつけてしまい、損傷を生んだ場合に支払うものです。
人が関係しているものとは異なり、他人や国・自治体における財産に損害を与えてしまった時に適用されます。
任意保険の中でも中心的な扱いを受けているのが、この対物賠償保険という存在と言えるでしょう。

例えば、駐車場から出る際、横の車に接触してしまった場合や、料金支払機に接触してしまったケースです。
完全に不注意ではあるものの、これらには損害額を支払う義務が発生します。
そのほか、ハンドル操作ミスによってガードレールや信号機に衝突してしまった場合にも、対物賠償保険を用いて修理代を支払う事になるので注意しましょう。

どんな時に支払われるのか

対物賠償保険はドライブ中であっても、駐車場から出る際においても、どんな時でも対象内となります。
しかし、物にぶつかった時、自分の車が破損してしまっても保険は降りません。
あくまで破損させてしまった相手に対して支払う保険であることを忘れないようにしましょう。

最近ニュースでも度々取り上げられる、高齢者の事故です。
アクセルとブレーキを間違えてしまい、コンビニに正面衝突してしまうもの。
この場合も対物賠償保険が適用されますが、万が一店内の人を引いてしまうと対人での賠償保険も必要となるので注意しましょう。

自賠責では補償できないものも

対物に関する損害賠償は、自賠責では補償できないものです。
万が一電信柱や信号機など、街に立てられているものを壊してしまっては大きな損害を被ることなります。
そんな時にも安心なのが、対物賠償保険という存在です。

ただし、破損させてしまった物が、保険加入者に関係する人だと保険の対象外となるので注意しましょう。
例えば、保険を申し込んだ人の父や母、妻や子供といった人々には保険が降りません。
例え父のガレージを破損させてしまったとしても、その修理代金は自腹となるので気をつけましょう。

過失割合で決まる保険額

対物賠償保険は過失割合で保険額が決まります。
対人賠償保険とは異なり、自賠責保険を含まずに計算する形です。
事故を起こしてしまった人の過失割合も、保険額の大きなポイントと言えるでしょう。

実際に保険額を受け取る際には、保険契約時に定められた対物賠償額と、相手の財産に関する損害額を比べて計算します。
財産の損害額に対し、事故を起こしてしまった人の過失割合を掛け合わせたものが、対物賠償額の範囲内であれば全て補填してもらえます。
しかし、壊したものが多すぎる場合や、修理代金が高くなってしまう場合などは、一部自腹で支払う必要もあるので注意しましょう。