車両保険

契約時にチェックしておこう 車両保険とは交通事故などにより、保険対象となっている車両が損傷してしまった時に使われる保険です。 主に修理代金などとして使用されますが、保険が適用される条件なども細かく決まっているため、契約時 […]

車両保険

契約時にチェックしておこう

車両保険とは交通事故などにより、保険対象となっている車両が損傷してしまった時に使われる保険です。
主に修理代金などとして使用されますが、保険が適用される条件なども細かく決まっているため、契約時によくチェックしておく必要があります。

車両保険というと、自分が過失した事故の場合、保険が降りないと勘違いする人も少なくありません。
しかし、盗難や当て逃げ・単独事故以外に、自身の過失で起こした損傷に関しても保険が適用されるため安心です。
ドライバー自身ではなく愛車を守るための保険として認知しておくとよいでしょう。

車両保険の必要性

車両保険は任意保険に加入する際、あまり必要ないのでは、と考える方がいらっしゃいます。
自動車に対して特に補償が必要ない、と思う方は確かに加入しなくてもよいでしょう。
しかし、万が一の事故や盗難時に、車両保険の大切さが発揮されます。

例えばある程度こだわって購入した車の場合、ちょっとした傷が出来ると落ち込んでしまうでしょう。
ましてや希少価値の高い車や、パーツを取り寄せないといけないものが破損してしまっては、修理代金として多額のお金が必要となります。
そんな時に役立つのが車両保険という存在です。
あらかじめ保険料として支払っておくことで、こういったトラブルを簡単に済ませることができます。

使用時の注意点など

車両保険には便利な点が多い反面、実際に事故を起こした時には使う場面をよく考える必要があります。
というのも、車両保険を使用すると保険等級が3つほどダウンしてしまい、来年からの保険料がぐっと上がってしまうからです。

そのため、ちょっとした傷が出来た段階では、車両保険の使用を躊躇してしまう人も多いでしょう。
車の状態などと相談しながら、適切な保険の利用が大切だと言えます。