自損事故保険

単独事故 自損事故保険とは、被害者が居ない単独事故の際に支払われる保険です。 物にぶつかってしまい、ドライバーが怪我や死亡してしまったとき、自賠責保険が対象外となります。 そんな時でも自損事故保険があれば、事故による治療 […]

自損事故保険

単独事故

自損事故保険とは、被害者が居ない単独事故の際に支払われる保険です。
物にぶつかってしまい、ドライバーが怪我や死亡してしまったとき、自賠責保険が対象外となります。
そんな時でも自損事故保険があれば、事故による治療費を全面的にバックアップしてもらえると言えるでしょう。

自損事故保険は任意保険に加入する際、対人賠償保険と一緒についてきます。
そのため、万が一の事故を起こした時でも、保険が全く降りなかったという心配もありません。
自分自身の事故でありながら、怪我による補償が受けられるというのも、ドライバーにとってありがたい話と言えるでしょう。

こんな時に役立つ

自損事故保険は運転中の不注意で物に衝突した時に適用されます。
例えば電柱や信号機などに衝突してしまった場合です。
ほとんどの車は大きく破損してしまうだけではなく、ドライバー自身への衝撃も大きなものになります。
そんな時でも入院・治療費が補償してもらえるので、お財布にも優しいと言えるでしょう。

また高齢者などでよく見られる、ガードレールへの接触事故です。
衝撃こそ少ないものの、とっさのハンドル捌きによっては大きな事故にも繋がる問題ですが、これも自損事故保険が適用されます。
同様に崖から転落してしまったときなどにも使えるほか、いずれの場合もドライバー以外に同乗者なども自損事故保険が適用される事が多いと言えるでしょう。

使用時の注意点

自損事故保険を使用する際、保険の等級が大きく落ちてしまうケースがあります。
今まで無事故無違反によって高位を保っていたとしても、自損事故を起こしてしまうだけで2~3ランクも落ちてしまうことも少なくありません。
そのため、怪我の内容によっては自損事故保険の使用を考える必要もあるでしょう。

逆に、事故当時はそれほど大きな怪我ではなかったものの、後になって後遺症が発生してしまうケースもあります。
この場合、自損事故保険を最初に使用していないと、その後の治療費に関する補償が行われないので注意が必要です。

こんな場合は適用外

自損事故保険はドライバーを守る保険ではあるものの、その状況によっては適用外となります。
例えば飲酒運転により操縦を誤り、ガードレールに衝突した場合です。
同様に無免許で運転した場合なども自損事故保険が降りないので注意しましょう。

最近では危険ドラッグを使った運転で自損事故を起こす人も増えています。
これも当然自損事故保険の対象外となるため、全ての損害が本人の下にやってくる問題です。
運転中は非常に大変なだけではなく、その後の人生も狂わせてしまう危険もあるため、絶対に行ってはいけない行為の一つと言えるでしょう。